スポンサーサイト
-------- (--)  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逆犬コース
2011-02-07 (月)   4 コメント    この日記に付けたタグ : 写真 , よし乃さん , 散歩 , 思い出 , ,

よし乃さんとの会話の中で必要だと感じ、散歩コースに名前をつけています。“ツゥっぽいコース”とか“公園出て右コース”とか。そして今日新たにコースの名前をつけるタイミングがありました。このコースは何年か前に作って、気に入ってよく通ってました。細い道を入ると、その道の壁にそって大きな庭があり金網でしきられてるんです。その金網にそって犬が僕らにむかって吠えながら追っかけてくるというアトラクションがありました。勝手な想像ですが、「遊んで!遊んで!」いうてるようにおもってました。それが最近通ったら家の中の人が引っ越したのか、犬が亡くなったのか、姿を見なくなったんです。

そんなコースをかなり久々に通って、ウチに帰ったときによし乃さんに「なんて名前にする?」って聞いたときに、スッと「逆犬コース」と言ったのを聞いて、最後に姿をみたのは何年も前だっちゅーても、よし乃さんさんの中では新鮮な記憶としてあの犬がのこってる感じがしたんです。そうおもった瞬間めっちゃあの犬に会いたくなりました。ちなみに“逆犬コース”の“逆”は“犬コース”を逆から行ったってだけです。おやすみなさい。
スポンサーサイト
雀荘の犬
2010-10-12 (火)   2 コメント    この日記に付けたタグ : 写真 , 思い出 , , ご近所 ,

朝、空を見上げますとーうろこ雲でした。秋ですなー。

小学生の頃、オヤジが通ってた雀荘があって、そこで飼われてた犬がマルチーズの手足を長くして中型犬くらいの大きさになったもので、当時は斬新な犬だと思ってました。しかも大人達はその犬の変な大きさやクルクルした白い毛を理由にして「羊とマルチーズから生まれたやつやで」とわけのわからない説明をしてきました。今となっては、んなわきゃーないと思いますけど、当時はおもくそ信じてました。

それと同じ見た目の犬をたまに近所で見かけるようになってから、その雀荘にいた犬を思い出すようになってたのですが、今日のこの雲もどことなく雀荘犬の背中あたりに似てるなーとまたまた思い出したのでした。おやすみなさい。


今日のできごと
・少し前に買った未開封のおかしがなぜか微妙にしけってた。カチーン。
上桜下桜
2010-04-09 (金)   2 コメント    この日記に付けたタグ : 記録 , 写真 , , ,

100409_131934.jpg
100409_131823.jpg
100409_131921.jpg
100409_131812.jpg
100409_131630.jpg
100409_132509.jpg
100409_132321.jpg
100409_132257.jpg
100409_132058.jpg
“桜ヶ池”という噺のまくらで知ったのですが、昔の人は高いとこに咲いた桜を“上桜(うわざくら)”、地面に落ちた花びらや水面に浮かんだ花びらを“下桜(しもざくら)”と呼び、落ちた花びらに目をやって楽しむのが粋じゃねーか、なんなら散ってから花見するかってことで一時期流行ってたらしいのです。それなら僕もってことで、もう今年は終わりとおもってたお寺にまたもや行ってきました。

昨日、一昨日の方がたくさん花びらが地面に落ちてたような気もしますが、日が経つにつれて花びらをつなぎ止める力が弱まるのか、少しの風で花びらが散ってそれはキレイでした。来年は散る花びらをうまく撮れるようにアサヒカメラでも読んで勉強しようと思いました。

いつも僕の顔をみたら吠える犬も、毎年のことと言え、散る桜に目をやって僕に吠えませんでした。って思ったらやっぱり吠えられました。ってか、冒頭の落語の話は全部ウソです。おやすみなさい。
レオンちゃん
2009-09-07 (月)   4 コメント    この日記に付けたタグ : よし乃さん , ご近所 , ,
8:44
頭にパッとおもいついたくらだないことを書きとめようとノートを買ってきたのに、気づけばノートに何かを書くために考える自分がいた。

12:50
玄関をでたら廊下で白(あだ名)とエスキモー(あだ名)が最近廊下がウンコ臭いという話で盛り上がってた。しかし今日は臭くない。

17:13
高いところが苦手な僕にすれば、観覧車は絶叫マシーン。

19:49
シュークリームで上のとこにチョコがかかったのがあるけど、あれを思い出すたびにエクレアの立つ瀬がないなって思う。

19:54
よし乃さんがチョコクリームパンのチョコクリームのモノマネをはじめた!

22:44
夜、母から電話。

せかしたことはないけど、「梅干しもうちょい待ってや」ってのが挨拶代わりに話だした。んで、5分ほど話してたら、急に話すことが無くなったのか母と暮らす犬の話に。話にと言っても「レオンちゃん寝てるわ」って言われた。そしてしまいにゃー「レオンちゃんに電話かわるわ」って言われてしまう。黙ってたら「レオンちゃんって呼んだって」と言われたので、母がレオンの耳に電話を近づけたかなーってとこで「レオン!」って呼んでみる。

急に「レオン!」とか言い出したらよし乃さんが心配するんじゃないかとおもいチラッと見たら不思議そうな顔。それから何度も名前を呼ばされたんだけど、呼んでよし乃さんを見るたびによし乃さんの半笑い度がましていく。いったいこの状況はなんなんだ。おやすみなさい。
犬のひらきなおり
2008-09-24 (水)   4 コメント    この日記に付けたタグ : 思い出 , , 妄想 ,
 よく通る道にあった銭湯が先日こわされて更地になってしまいました。

この銭湯にはよく通っていて,風呂上がりにとくに知り合いなわけでもないおじいちゃんと将棋なんかを,って想い出もないのでどうでもいいっちゃーいいんですけど気になることがあるんですよね。

それは,その銭湯の横にあった民家で飼われてるのことなんです。

ってこれ,銭湯がなくなって初めて見えたので知ることができたのですが,銭湯と民家の間に細い細い路地があって,その奥の方に小屋があるんですね。んで,この小屋の主であるが銭湯と民家にはさまれ,現代社会なら日照権の争いになりそうなほどの暗い日陰でそれなりに暮らしてたと思うんです。それなのに急に銭湯が消え去り,明るくなって困ってんじゃないかなーとか思ってるわけです。

なんでそこまで勝手な妄想を膨らますのか,それには理由があります。銭湯がなくなって自分の家(小屋)の隣が更地になったことにより光りが入ってくるのはいいけど道を通る人や車から丸見えなんですよ。家(小屋)が。だいたい,普段からこの道を通る人達も「こんなとこに犬がおったんかー」ってなもんでやっぱ見ますよね。んで,通るたびに見てる僕の感じとしては,なんか恥ずかしそうなんですね,その犬が。

今まで人の目にふれることなんて散歩のとき以外なかったのにーっ。って声が聞こえてきそうなほどだったので,小屋に入って隠れてろって一瞬思ったのですが,小屋の入り口がちょうど道路のほう向いてて丸見えなんですよね。で,しまいにゃ小屋の裏側(道路から見えない方)に行って丸くなってるときとかあるんですよ。もう不憫で不憫で。

でも最近は小屋の前で仁王立ちになって道路に向かって凜としてやがるんですよね。ひらきなおりですかね。まーよかったです。なんのこっちゃ。おやすみなさい。

 
このブログについて
読み返すためだけに書いてる日記です。読んでるとナニガナンダカナーと思うことがあるとおもいますが、そこは雰囲気で読んでもらえると助かります。書いてる僕はるいがの、よし乃さんってのは彼女で、しうばってのは猫です。おやすみなさい。

ここ以外に「674」って猫ブログと、「観た映画やドラマを淡々と記録するよ」っていう名前そのまんままのものと「今日の矢印」ってブログをやってます。

日記に付けたタグ一覧
最近の日記
ユニバ (12-13)
おもしろかった映画 2012 (04-26)
落ちてきたのは豆球 (02-16)
ちょっとだけテンションがあがった (02-08)
スコセッシに憧れて (02-05)
DがPの広告に (01-26)
相性いいな。豚肉と味噌。 (01-22)
名探偵 三河安城 (01-19)
大きなヤクルト (01-17)
食べ比べ (01-13)
みんな敵 (01-10)
クルッとスタンド (01-07)
ポテチ堂々 (12-30)
ショックを消化分解 (12-29)
このブログは 「 と 」 の提供でお送りしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。